トヨタ車と日産車が日本のビック2の自動車生産会社です。
http://www.ownerpresident.com/wp-content/uploads/2017/04/9926d1dcbb5110a8a29ac6ffdf28d409_m.jpg
トヨタ車
http://www.ownerpresident.com/wp-content/uploads/2017/04/5270944622e6ddd647178655c4513fc1_m.jpg
トヨタ車
http://www.ownerpresident.com/wp-content/uploads/2016/12/4e8169b30b4914411067244aa51b9f6c_m.jpg
トヨタ車

トヨタのシェアは日産を引き離します

1970年代後半、日本国内の乗用車のシェア(市場占拠率)の割合は、三位三菱自動車、四位東洋工業、五位本田技研、そして、その上の1位2位はごらんの通りトヨタ・日産が断トツでシェアを持っています。ビッグ2といわれていました。3位以下は、そのときの新車の発売などによって、ときどき順位がいれ変わります。現に四月などはマツダがRX-7という目玉(ヘッドライト)のとび出す、文字通りの目玉商品をひっさげて登場した時は3位になりました。。3位以下はどんぐりの背比べで入れ替わりが激しいが、ピッグ2には当分及びもつかない位安定しています。そして、このビッグ2の順位も、ここ最近、ほとんど動きがありません。ほとんどといったのは、まれに1,2度日産がシェアのトップに立った月があった程度です。それ以外はまずトヨタがトップです。時価総額も相当なものがりますよね。そして、最近は少しずつ、その差がひらいて行く傾向にあるのかもしれません。そこで、とりあえず、両方の会社で出している車を、大体同じ値段、傾向のもの同士を並べて話をすすめます。

センチュリーのほうが親切設計

プレジデントとセンチュリーを比べてみます。エンジンの排気量がともに3000CCを越える、両社の名誉横綱みたいな車です。大きさはプレジデントのほうが大きいです。排気量も4500CCと日本一大きな乗用車です。馬力もプレジデント200馬力に対して、センチュリーは170馬力あります。両方とも、企業の社長族の車として認知されているが、売れ行きはプレジデントが常に勝っています。この理由は車のサイズが大きいということと、出力が上だということだと思います。

車の値段はセンチュリーのほうが安いから、こちらが売れそうなものだが、そこは会社のシンボルとなるものだから、社長の見栄も手伝ってか、高いほうを買うことになる。乗り心地に影響を及ぽす、前後の車輸の軸の間の距離は、センチュリーの方がほんの少しだが長いです。しかしわずかの差だからこれはほとんど同じと考えていいです。日産にしてみれば、このクラスの車は大きさで買ってくれるし、若者のように、それほど細かいフィーリングはわからない。そこそこの安定感があればいいだろうというのであろう。しかしトヨタは、初めから、ベンツを目標に作った車で、オートエアコン(自動空調装置)をつけたり、低速から高速までスムーズな出力が出せるように設計したりして頑張っています。現在、車の数はプレジデントに劣るが、依然としてトヨタの看板としての座を守りつづけている車である。そして1000CCも排気量の違うプレジデントに措抗しているのは立派です。

トヨタCH-R12月に新発売

トヨタが、新型のSUV「C-HR」を2016年内にも新発売します。新型車C-HRは全世界で人気が出そうな気配です。ボディのデザインはダイヤモンドをコンセプトに大きく張り出していて特徴的な形を作り出しています。メリハリのあるボディと鮮やかな色で大人のスタイリッシュな雰囲気も持っています。ダイヤモンドを意識してかキャビンとドアサイドを一体化させていて、ボディ下部を強く削ぎ落とすことでダイヤモンドの形を表しています。、TOYOTA独自のデザインを表現した車です。翼形状のヘッドランプと広い空間のフロントマスクがあります。大人気間違いなしで購入希望者が殺到しそうな予感です。購入前に必ず安く購入する方法を集めましょう。
C-HR 値引きのおすすめサイトは自動車買取、口コミ.jpを参考にしてみてください。

 

豊富なオプション

豊富なオプションのイメージ

この部分はテーマオプション画面か、テーマカスタマイザーから変更する事が出来ます。

豊富なデザイン

豊富なデザインのイメージ

BizVektorはサイトの色を変更出来るだけではなく、違うデザインに切り替える事が出来ます。

ビジネス用に最適化

ビジネス用に最適化のイメージ

子ページリスト用テンプレートや問い合わせへの誘導など、ビジネスに必須な様々な機能を備えています。

Blog

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or …

News

サイト管理人:米谷 勇斗

こんにちは。サイト管理人の米谷 勇斗です。 トヨタのシェアと日産についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@ownerpresident.com
  • トヨタ車

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。